NEWS

茨城県牛久市女化町産小麦

ナチュグルでは、はじめのうちは、北米産(カナダ、アメリカ)の小麦粉を使用していました。もちろん、オーガニック 認証を取っているものです。しかしながら、国産を使いたい、さらに出来れば、地元のものを使いたいという思いから、小麦粉を探していました。

北海道産の小麦はよく聞きます。つくば市でも小麦を作っている方はいましたが、どうやらパンには向かないとのことでした。

イベントに出店しながら、多くの方に相談しているうちに、女化町で栽培している安部さんという人がいることを知りました。

私個人も祖父母が女化に住んでいたり、施設の施設外就労でも女化の農家さんにお世話になっていましたが、知りませんでした。しかしようやくたどり着きました。きっかけは、女化でのイベントでした。

すごく情熱的に小麦栽培の事を語ってくれ、化学肥料や農薬を使っていなかったり、輸入小麦の実際の話などを聞かせてくれました。行動的で、実際に様々な現場に足を運んでいらっしゃる方です。

栽培技術についても研究熱心で、毎年少しずつ、栽培の仕方を変えているようです。

小麦は石臼で挽いてくれます。見せていただきましたが決して多くは挽けませんので、時間がかかります。それを見越して注文します。少しずつしか注文しません。2週間に1回のペースです。ですから常に新鮮です。コーヒーもそうですが挽き立てが美味しい。

そんな小麦粉を使用しています。